オンラインカジノの入金方法!2020年に流行る入金手段も紹介♪

オンラインカジノの入金方法!2020年に流行る入金手段も紹介♪

オンラインカジノの入金方法!2020年に流行る入金手段も紹介♪

オンラインカジノの入出金は電子決済サービスが使われることが多いです。最近ではビットコインを決済に絡めることが多くなってきており、取引所の口座を持っていない人は一つ主要なところのアカウントを持っておくと便利かもしれません。

基本的にエコペイズを一つ持っていけば事足りるのですが出金スピードが異なったりATM出金ができたりする決済方法もありますので、それぞれの特徴を活かして快適なオンラインカジノライフを楽しみましょう!

オンラインカジノで使われる入金方法一覧

まず最初にオンラインカジノで使われる入金方法を挙げてみます。

  • ecoPayz(エコペイズ)
  • iWallet(アイウォレット)
  • VenusPoint(ビーナスポイント)
  • STICKPAY(スティックペイ)
  • Bitcoin(ビットコイン)
  • クレジットカード/デビットカード
  • 銀行振込
  • Paytra(ペイトラ)
  • JBANQ(ジェイバンク)

こうしてみると結構数が多いですね。エコペイズはオンラインカジノで使えないというところはないと言っても過言ではないため、これからオンラインカジノを楽しもうとしている人は必ず作るようにしてください。

入出金の基礎知識として、多くのカジノでは入金方法と同じ出金方法でないといけないというルールがあります(一部例外のカジノもあり)。また、クレジットカード/デビットカード入金を行った場合、海外FXのようにカードに返金処理をしてキャンセルするということはできないので注意しましょう。

簡単にそれぞれの決済方法の特徴を挙げていきます。

オンラインカジノをするならば必須の決済サービス

前まではATM出金のできるecoCard(エコカード)を発行していたエコペイズが一強の地位を占めていました。しかしながら、エコカードの発行停止になった今オンラインカジノの決済業界はまさに戦国時代です。

まずはそのエコペイズとビーナスポイントについて解説していきます。

ecoPayz(エコペイズ)

エコペイズ

オンラインカジノの決済に最も使われる電子ウォレットです。この決済方法があればオンラインカジノの入出金は困りません。エコペイズは英国の厳しい認可を受けたしっかりと運営されている金融サービスです。日本語で対応してもらえるところも安心できる要素ではないでしょうか?

オンラインカジノにエコペイズから入金する際は手数料がかかるということはありませんが、エコペイズにローカル入金を行いお金を銀行振込するときは手数料がかかってきます。仮想通貨で入金することも可能で、こちらの方が手数料が安く済みます。

オンラインカジノとの間に決済会社を挟む以上手数料がかかることは仕方のないことなので、手数料が気にならないくらい大きく稼いでください!

VenusPoint(ビーナスポイント)

VenusPoint(ビーナスポイント)

オンラインカジノの勝利金ををポイントとして貯めたり、国内銀行振込で日本の銀行口座に出金できるサービスを行っています。1pt=1USDと換算します。このポイントはカジノの勝利金以外で購入などにより手に入れることはできないのでよく理解しておきましょう。

もともとクレジットカード入金で勝ったお金の出金先として作られた経緯をもつのでポイントという形態で取引を行っているのだと思います。運営者の情報はあまりはっきりと明記はされていないものの、そこはしっかりとしたカジノの運営を行っている多数の企業が使っている決済方法ですので信頼しても良いでしょう。

前述のとおり、クレジットカード/デビットカード入金での勝利金の出金に指定するカジノが多いです。貯めたポイントはカジノに入金することができます。その入金の際に0.4%のポイントバックがもらえ、さらに勝ち金を受け取るごとにも0.4%のポイントバックを利用できます。

オンラインカジノにポイントの出し入れを行うだけで稼ぐことができるという、使わない手はない決済方法ですので是非登録しておいてください。出金スピードも早くて、手数料も安い上にポイントバックももらえるというメリットしかない私の一押しのサービスです。

ATM出金のできる銀聯カードを発行している決済サービス

ATM出金のできる決済サービス

上の二つに比べると若干利便性は劣るもののATM出金ができるという、大きな特徴をもつオンラインウォレットがアイウォレットとスティックペイです。

銀聯カード(ユニオンペイ)はデビットカードとして中国でよく使われるカードで、発行枚数は60億枚とも言われており中国のお客を取り込むために日本でも使えるところが増加中。

セブン銀行のATMで銀聯カードにチャージしたお金を引きだすことができます。かかる手数料は若干高めですが事前にチャージしておくことで必要なときにすぐにお金を引き出すことが可能になります。

iWallet(アイウォレット)

アイウォレット

エコペイズの予備として利用できるアイウォレットです。エコペイズではなくアイウォレットを使うメリットを挙げるとするならばATM出金が可能という点のみでしょうか。国内の収納代行会社に送金することで送金額の2.3%のコストで入金ができます。

使えるカジノはビーナスポイントが使えるカジノと同じくらいの数です。クセの強いウォレットですが、ATMで出金したい人は利用してみてはいかがでしょうか?

STICKPAY(スティックペイ)

STICKPAY(スティックペイ

最近新たにできた新興の電子ウォレットです。まだまだ利用できるカジノも少ないですが、ホームページの操作もわかりやすくビットコインの保管もできるためなかなか利便性も高いと思います。ユニオンペイのプリペイドカードを発行しており、ATM出金が可能。

ビットコインを法定通貨に変えることができるため、仮想通貨の現金化にも利用できそうです。国内銀行送金での入金は約2~2.5%の手数料がかかります。ビットコインを入金する際は1%の手数料です。

対応カジノはBitcasino.io(ビットカジノ)、10Bet、Bettilt(ベットティルト)、Paizacasino(パイザカジノ)などです。

あると便利な決済手段

こちらは最近流行にひと段落がついたかもしれない暗号通貨のビットコインと手元に現金がなくてもショッピング枠で入金できるクレジットカードです。

ビットコインがあるとかなり快適にオンラインカジノをプレイ可能。例を挙げるとエコペイズの入金手数料はローカル入金だと、入金手数料が5%も取られる上に為替換算手数料も2.99%かかってきますが、ビットコインを使ってエコペイズに入金すると手数料が無料な上に、銀行営業時間外でも約10分ほどでアカウントに反映するので使えるようにしておいた方がいい決済方法になります。

Bitcoin(ビットコイン)

Bitcoin(ビットコイン)

仮想通貨、暗号通貨、ビットコインと聞くと一般の人は怪しいと感じるかもしれません。確かにちょっと前は価格が200万円だったのにいつの間にか40万円台、そして今では100万円に戻っているというように投機の対象と見られているようで少し残念に思います。

本来のビットコインの姿は送金にかかるコストを下げるためのもので、匿名性や取引の安全性はオンラインカジノユーザーのニーズにぴったりと合致します。

Bitcasino.io(ビットカジノアイオー)やBitStars(ビットスターズ)のように仮想通貨専門でオンラインカジノを楽しめるカジノも人気です。

前述のとおりエコペイズに1万円以上のお金を入金するときはビットコイン振込(Alternative Payments)で入金した方が確実におトクですので一つ仮想通貨取引所の口座を開設しておくと良いですよ。

かかってくる手数料は入金額がいくらになっても仮想通貨のマイナー手数料のみ!

クレジットカード/デビットカード

クレジットカード/デビットカード

クレジットカー/デビットカードは多くのオンラインカジノで入金に使うことができる決済方法です。しかしながら、オンラインカジノは海外の利用扱いになりますので場合によっては、俗に言う弾かれるといったように使えないこともあります。

さらに使いすぎということもないわけではありません。自制に自信のない人はデビットカードを使うと銀行口座の残高の範囲までしか利用できなくなるので、そちらを使うことをおすすめします。

この記事の上の方で書いたとおり、クレジットカードにキャンセルを行って返金を行うということはできないのであらかじめ理解しておきましょう。クレジットカード/デビットカード入金で勝ったお金はビーナスポイントで出金することになることが多いので、そちらの口座も用意しておいてください。

使えるブランドはVisaカード、MasterCardの両ブランドのカジノが多く、JCBが使えるカジノも数は少ないですが存在します。手数料は無料のところと入金額の約2.5%ほどの手数料がかかるところが多いです。

プレイテック系のカジノで使われるマイナーな決済方法

オンラインカジノのゲームプロバイダとオンラインカジノを運営する企業はそれぞれ独立していることはご存知でしょうか?一言で言ってしまうと、ゲームを作っている会社とゲームを遊ぶ場を提供している会社は違うということです。

そんなゲームプロバイダの一つのプレイテックはカジノにプラットフォームを提供しており、プレイテック系のカジノは見た目や構成が同じことが多いです。日本の市場で有名なのはジパングカジノの系列やワイルドジャングルカジノ、カリビアンカジノなどがそれに当たります。

Paytra(ペイトラ)

Paytra(ペイトラ)

ジパングカジノ系列で使える手数料がかからないユーザーに優しい決済方法です。出金スピードも非常に早く、出金がすぐに承認されるカジノジャンポリーと一緒に使えば素早く手元にお金を引き出せます。

JBANQ(ジェイバンク)

JBANQ(ジェイバンク)

ワイルドジャングルカジノで使用できる決済方法です。カリビアンカジノでは現在準備中。特筆すべきところは特にありません。ワイルドジャングルカジノで出金すると他の決済方法よりも早く承認されるくらいです。

銀行振込で入金できるカジノもあり

クイーンカジノと188BETは銀行振込に対応しているカジノです。指定の口座に振込を行うことで、アカウントに残高を追加できます。

詳しく解説している記事もあるのでそちらをご覧下さい。

手数料が安く済む入金方法

ここで手数料があまりかからない入金方法を整理します。

エコペイズのAlternative Payments

『Alternative』は代替のという意味です。ビットコインやビットコインキャッシュを使って入金できます。かかる手数料はマイナー手数料のみ。銀行営業時間外でも口座に反映するため非常に便利です。

クレジットカード入金

オンラインカジノによっては無料で入金できるところもあるため、ビーナスポイントを使って出金することで素早く手数料がかからない決済方法になります。

2020年はこの電子ウォレットが人気になる!BXONEに注目

BXONE

新たに仮想通貨取引所の機能も持つ電子ウォレットが登場しました!さらにeZpayカード(イージーペイカード)を使えば、ATM出金が可能です。まだオンラインカジノには対応しているところはありませんが、海外FXの決済方法として既に使われ始めています。

このウォレットの特徴はなんといっても法定通貨⇔仮想通貨の行き来が自由自在なところです。ご参考までに以下のページより海外FXの口座開設も同時に行うことで5000円がもらえます。私もすでにこのキャンペーンに参加してBXONEを使ってみました。まだ日本語には対応しておらず若干使いにくいですが、ポテンシャルはエコペイズ、アイウォレット以上だと感じています。

https://www.kaigaifx.com/info/2019/08/bigboss5000.php

かかってくる手数料は入金に関しては無料で、ezPayカードでATM出金した際の手数料が1%か3.9ドルの高い方の金額。法定通貨を国内銀行送金すると出金額の1%の手数料か2000円の高い方。ビットコイン送金は1%か0.001BTC。そして仮想通貨と法定通貨の両替が片道0.2%です。

どうでしょうか?ATM出金が基本的になると思いますのでエコペイズやアイウォレットの出金手数料と比べてかなり安く済むことがわかるかと思います。しかしながら、BXONEカードはパスポートがないと新規発行申請できないのがネックかなと感じました。

ビットコインと法定通貨が自由に両替できてさらに法定通貨のATM出金もできるようでしたら、なにか犯罪に使われてしまわないのかと心配になりますが便利なことは間違いなさそうです。

オンラインカジノの入金方法まとめ

  • エコペイズを一つ持っておけばオンラインカジノの入出金には困らない
  • 手数料を安くおさめるにはビットコインが重要になってくる
  • クレジットカード入金で勝ち金をビーナスポイントにて出金すると全体的にバランスがいい
  • それぞれのウォレットを上手く使っていくのがオンラインカジノ攻略のカギ

こうして入金方法を整理してみるとやはりビットコインなどの送金技術が手数料を抑えるには重要になってくるでしょうか。今後も暗号通貨の技術革新に注目です。

最後までご覧いただきありがとうございました。以上でオンラインカジノの入出金を終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA